JICA研修員が市長を訪問

地域の話題

[ 2012年 2月 24日 金曜日 9時57分 ]

 住民参加型の地域社会開発を学ぶ、JICA(独立行政法人国際協力機構)の「インドネシアスラウェシ地域開発能力向上プロジェクト」の研修員5人が23日、飯田市の牧野光朗市長を表敬訪問した。一行は26日まで滞在し、同市の地域自治の仕組みや公民館システム、住民による地域開発計画の実践などを学ぶ。

 20日に来日した研修員らは、22日まで名古屋市で、日本福祉大学社会福祉学部の大濱裕准教授の講義を受け、参加型地域社会開発の基本概念などを学んだ。飯田市では、実際にどのような形で住民参加型の地域自治が実践されているかを体感するため、同市公民館、竜丘公民館、上久堅公民館を訪れる計画という。

 訪問を受け牧野市長は、「飯田大火からの復興の際、地元中学生の声を受け住民の協力により生まれたりんご並木が、地域づくりの原点」と話し、その経過を説明。「飯田からたくさんの事を学んで帰っていただければうれしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞