「外来・検査センター」開設

子育て・医療・福祉

[ 2020年 5月 25日 月曜日 15時38分 ]

 新型コロナウイルス感染症の「飯田市地域外来・検査センター」が25日、旧南信州・飯田産業センター内の旧工業技術センター(同市上郷別府)に開設した。かかりつけ医や有症状者相談窓口(飯田保健所)を通した「紹介・完全予約制」で、ドライブスルー方式で初期診断や検体採取を行う。検体の採取は26日から始まる。

 検体採取は月曜から金曜日の午後1時から2時間以内とし、1日上限10人。当日午前10時までの予約分を受け入れる。当面は飯田下伊那地域の5病院が輪番制で医師、看護師、臨床検査技師を派遣する。

 検体検査は主に飯田市立病院が担い、より迅速に結果が判明する「LAMP(ランプ)法」は重症者を優先。ランプ法だと4時間で陽性、陰性の判定結果が出るといい、陽性患者に対して迅速な対応が取れる。

 民間の検査機関でのPCR検査も選択していくが、検査体制強化のため今後は市立病院にPCR検査の機器を導入する予定。

 新型コロナの第2波に備えて検査体制を拡充するほか、検査データの一元管理も担うことになる。開設を前に23日に開かれた記者会見で、検査センター所長を務める飯田医師会の原政博会長は「データ管理によって感染拡大をすぐに把握でき、感染症対策に向けてデータ管理は重要」と指摘した。

 牧野光朗市長は「住民の安全安心を維持し、医療崩壊を招かないためにも迅速に検査できれば」と期待を込めた。

 検査対象は飯田下伊那地域の患者。初診料、診察情報提供料などは保険診療と同様に患者の負担となるが、患者の住所地の市町村が負担するため、検査は無料で受けられる。

 センターは県の委託を受けて設置し、市が飯伊地区包括医療協議会に委託して運営する。

 県はセンターを県内10広域圏ごとに1~3カ所程度設置する方針。

◎写真説明:会見する牧野市長ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

たくさんの笑顔と感動を

8月5日木曜日15:47

「りんごん」一転中止に

8月5日木曜日15:35

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞