「福祉に興味を持って」合同求人説明会

子育て・医療・福祉

[ 2011年 7月 26日 火曜日 15時34分 ]

 飯田下伊那地域の介護事業所17カ所によると講演会が24日、飯田市上郷別府の飯伊地域地場産業振興センターで開かれた。多くの求職者が会場を訪れ、各事業所のブースで熱心に説明を聞いていた。NPO法人「ハートケア蒼い風」主催。

 県の複数事業所連携事業として実施。人材確保とともに、いずれだれもが行うことになる介護福祉について多くの人に興味を持ってもらいたい―と、今回南信で初めて合同求人説明会が開かれた。

 午前に開かれた講演会には約40人が参加。第1部に福祉ジョブセミナー、第2部に北星学院大・上智大・帝京平成大・文京女子大で教員を務める松本栄二さんによる講演「福祉現場の現状と魅力」が行われ、介護福祉の仕事と現状について理解を深めた。

 午後の求人説明会には約60人が訪れ、受け付けを済ませると各事業所で求人にかんする説明を受けていた。

 説明会に訪れた高森町の女性(22)は「大学の実習で介護の仕事について見る機会があって、福祉の仕事に興味を持った。県内を中心に探している。就職活動はまだ始めたばかり。自分に合うところが見つかれば」と話していた。

 参加事業所の多くは、無資格・未経験でも仕事をしながら介護福祉士やヘルパー2級の資格を取得できる「介護雇用プログラム」の指定を受けている。県社会福祉協議会が人件費や受講料を負担するため、求職者は働きながら養成施設に通学して資格を得ることができる。

 次回の合同求人説明会は10月を予定。福祉の仕事や同プログラムにかんする問い合わせは県社協の南信地区担当(電話0265・48・5944)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞