尊厳持って生活を 障がい者福祉のつどい

子育て・医療・福祉

[ 2015年 12月 11日 金曜日 13時25分 ]

 飯田市身体障害者福祉協会(木下勝夫会長)はこのほど、「第54回障がい者福祉のつどい」を東栄町の飯田勤労者福祉センターで開いた。会員と来賓ら約100人が参加。1927年生まれの本年度米寿者31人の表彰や講演、アトラクションなどを行った。

 12月3―9日までの障害者週間にあわせ「共に生きる社会をめざして」をテーマに毎年実施。身体障害者が自分の生活を自分の意思で選択、決定、実行して社会参加を目指すとともに、家族と楽しく1日を過ごすことを目的に開催している。

 はじめにあいさつに立った木下会長は、来年4月に施行される「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)に言及し「障害者であっても社会の一員として尊厳を持って生活できることを目指し、障害への理解度を上げることが大切にされている。同じ障害を持つ者として意識し、取り組んでいきたい」と語った。

 続いて米寿者に記念品が贈呈された。出席者のうち、上郷支部の男性が代表であいさつ。18歳の時に満州で終戦を迎えたことを振り返り「きょうを迎えることができたのは皆さんのおかげ。今回の表彰を糧に健康長寿を目指したい」と謝辞を述べた。

 来賓祝辞に続き、市危機管理室防災係長が「災害から命を守る~災害弱者と避難のあり方~」と題して講演。アトラクションでは、モンゴル出身の佐々木ハスゲレルさんが民族楽器ヤッタカでモンゴルの歌を披露した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30