ゆいの里でケアリングクラウン体験 言葉超え相手を感じる

子育て・医療・福祉

[ 2015年 6月 25日 木曜日 13時41分 ]

 飯田市龍江の社会福祉法人ゆいの里は23日、米国の医師パッチ・アダムスが提唱する「ケアリングクラウン」を体験するコミュニケーションセミナーを初めて企画、開催した。施設職員や子どもたち、一般など約20人が参加。入所者と心を通わせながら、相手に寄り添うことの重要性を学んだ。

 クラウンは英語で「道化師」を現す総称で「ピエロ」などはクラウンの一部にあたる。ケアリングクラウンは入院患者や高齢者などに対し、笑いや楽しさの時間を共有するなど心通わせるための一つの手段。日常から分断された生活を余儀なくされている人たちに、自分らしさを取り戻すきっかけを提供する活動が目的だ。

 パッチ・アダムスはロビン・ウィリアムズ主演の映画「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー」のモデルで、世界中でクラウニング活動を実践、普及に努めており、今回のセミナーではアダムスさんと12年間活動をともにし、自身も同活動を行っている金本麻里子さんを講師に迎えた。

 昼の部は同施設と養護老人ホームハートヒル川路でのクラウン体験を行い、阿智村清内路の子どもの森セカンドスクールの教員や児童生徒、保護者などが参加。夜の部はセミナーを開き、飯田下伊那にある介護施設や病院などから30人以上が参加した。

 このうちクラウン体験では、全員が華やかな衣装に身を包み、「赤鼻」を付けて入所者の前に登場。金本さんがアコーディオンを弾きながら歌を歌うと、参加者らも紙風船やシャボン玉を飛ばすなどして入所者と交流を深めた。

 セカンドスクールの子どもたちも、練習してきた「上を向いて歩こう」「故郷」の歌を披露してお年寄りらを笑顔に。初めての体験という名古屋市在住の郵便局職員の男性(48)は「普段はしない格好で、自分がわくわくどきどきして楽しい。非言語でも心が通じ合うことが分かった」と話した。

 金本さんは「まずは自分が楽しむことが大切。介護関係は大変な職場だが、つながることをあきらめないでもらいたい」と語り、ゆいの里の生活相談員は「普段は静かな生活を送っているが、きょうはにぎやかで楽しそう。職員もスキル向上につなげてもらいたい」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30