りんご庁舎 「ゆいきっず」がプレオープン

子育て・医療・福祉

[ 2015年 6月 5日 金曜日 9時51分 ]

 飯田市こども家庭応援センター「ゆいきっず」のキッズルーム「ゆいきっず広場」が3日、本町のりんご庁舎内でプレオープンし、乳幼児の親子連れでにぎわった。

 すでにオープンしている「すくすくサロン」に隣接して設けられており、子育て経験のある女性らがアドバイザーとして常駐している。訪れた親子連れは、軟らかいじゅうたんの上で子どもと遊んだり、母親同士の会話を楽しんだ。

 つどいの広場や地域の乳幼児学級に積極的に参加しているという女性(33)は「アパートで1人で見ていると気がめいってしまうことがある。広いところで動けるのは子どもにとってもいいし、私にとってもお母さん方との会話で気分転換になる」と話していた。

 「ゆいきっず」は子育てに関する総合的な支援拠点。すでに子育てに関する相談窓口、授乳室などを備えた「すくすくサロン」がオープンしている。

 今回プレオープンした「ゆいきっず広場」は、就学前の家庭を対象にしたキッズルーム。7月1日の本オープン以降、火曜日を除く午前9時から午後4時まで無料で利用できる。また、同所で親子向けの学習やイベント「ゆいきっず講座」(主に火曜日)も開催する予定だ。

 プレオープンは26日までの毎週水・金曜日と13、21日。時間はいずれも午前10時から午後1時。ましゅ&Keiのミュージッククラウン(6日午後3時)、赤ちゃんマッサージ講座(23日午前10時)の催しを開催する。

 問い合わせは、こども家庭応援センターゆいきっず(電話0265・22・4511)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43

特産「三紀層大根」種まき 2カ月後の収穫に思い馳せ 阿南町富草小

9月13日木曜日15:24

南部5町村の青年農業者が交流会

9月12日水曜日15:02

ユニバーサルツーリズム昼神ツアー

9月12日水曜日15:54