メディカルバイオ分科会、先進事例からヒント探る

子育て・医療・福祉

[ 2014年 8月 23日 土曜日 10時49分 ]

 飯田下伊那地域の民間企業や行政、農業、医療機関、大学などの連携により、健康長寿社会を支える新たな地域産業の創造を目指す「飯田メディカルバイオクラスター」の医療機器系分科会が21日、飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターで開かれた。この日は、同市毛賀のピーエーイーが事業紹介を行ったほか、地域内で医療機器開発の先進的取り組みを行う同市鼎切石のアコーズが、今後の事業展開について語った。

 本年度、同分科会は、具体的モデルケースの展開を目指し、人工関節・人工骨頭をテーマに同分野の大手メーカー、ナカシマメディカル(本社・岡山県)との共同開発や部品・部材供給の可能性の検討を進めるほか、医療機器・健康機器の分野で先進的な事業を展開する地域内企業の、アコーズやコスミック恵歯研との連携による事業展開を目指している。

 この日は、ピーエーイーが開発した、手術針回収機や歯科技工向け簡易ブロー・集塵装置について、その開発経過や課程、課題などについて聞いたほか、アコーズの医療機器、「体動計スリープモニター」や「家庭用貼付型接触粒」などについて説明を受け、新たな医療機器開発に向けたヒントを探った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞