下伊那南部5町村の高齢者1回目ワクチン接種

子育て・医療・福祉

[ 2021年 6月 5日 土曜日 13時55分 ]

 県が4日に発表した県内の新型コロナワクチン接種状況によると、下伊那南部5町村で高齢者1回目接種率が「50~80%」となり、65歳以上で1回目のワクチンを打った人が半数を超えた。また、阿智村が「30~50%」となった。

 飯田市、北部5町村、平谷村、根羽村の高齢者1回目接種率は「30%未満」。高齢者2回目接種率は14市町村とも「30%未満」となっている。

 県全体での高齢者接種率は、1回目が20・9%、2回目まで終えたのが2・5%。県内77市町村のうち、1回目接種80%以上は9町村、50%~80%は11町村、30~50%は15市町村。2回目接種は80%以上が3村、30~50%が2村となっている。

 県内医療従事者の接種率は1回目が94・6%、2回目が73・5%となった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞