下伊那赤十字病院が超音波診断装置を導入

子育て・医療・福祉

[ 2009年 11月 26日 木曜日 15時06分 ]

 松川町元大島の下伊那赤十字病院(桜井道郎院長)はこのほど、腹部用の超音波診断装置1式(約620万円)を導入した。隣接する「健診センター」に設置し、今月から健診で活用している。

 超音波診断装置は、超音波を使って体内の様子を調べる装置。財団法人JKA(東京都)の競輪補助事業として、300万円の支援を受けて購入した。これまでの装置は7年以上使っており、新しい装置に更新した。

 装置は生活習慣病健診や人間ドック、特定健診などに活用している。同病院では「健診の精度が上がり、患者さんの病気の早期発見につながる」と期待している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞