下伊那赤十字病院が超音波診断装置を導入

子育て・医療・福祉

[ 2009年 11月 26日 木曜日 15時06分 ]

 松川町元大島の下伊那赤十字病院(桜井道郎院長)はこのほど、腹部用の超音波診断装置1式(約620万円)を導入した。隣接する「健診センター」に設置し、今月から健診で活用している。

 超音波診断装置は、超音波を使って体内の様子を調べる装置。財団法人JKA(東京都)の競輪補助事業として、300万円の支援を受けて購入した。これまでの装置は7年以上使っており、新しい装置に更新した。

 装置は生活習慣病健診や人間ドック、特定健診などに活用している。同病院では「健診の精度が上がり、患者さんの病気の早期発見につながる」と期待している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1カ月ぶり歓声「かわいい」

6月2日火曜日15:37

飯伊に希望と元気を

6月2日火曜日15:49

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞