下農野球班保護者会が救命講習会

子育て・医療・福祉

[ 2014年 2月 26日 水曜日 9時57分 ]

 下伊那農業高校野球班の保護者会(後藤和彦会長)は22日、飯田市鼎名古熊の稲丘会館で野球班の1年生とその保護者らを対象にした普通救命講習会を開いた。飯田広域消防本部から講師を迎え、心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の正しい利用方法を学んだ。

 2005年、同校野球班の男子生徒(当時15歳)が練習試合の際、胸にボールが直撃した影響で心臓震とうを起こし一時心肺停止の状態となった事故を受け、保護者会が中心となって救命講習会を企画。以来、毎年この時期、1年生の生徒と保護者を対象に開いている。

 この日は班員とマネージャーの7人と保護者、昨年参加できなかった2年生保護者ら計15人ほどが参加。同消防本部の古田智士指令補ら2人の講師が救命処置について説明し、生徒や親も実際にダミー人形を使った胸骨圧迫、人工呼吸の心肺蘇生法などを学んだ。

 古田さんは「飯田下伊那の野球部で独自にAEDを持っているのは下農だけ」と強調した上で、「救命処置は周囲にいる人の協力が必要。AEDを正確に使えるよう勉強してほしい」と呼び掛けた。後藤会長は「いざという時に対応できる知識を身に付けたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞