伊賀良ボランティアグループが福祉体験

子育て・医療・福祉

[ 2017年 7月 11日 火曜日 15時06分 ]

001Fukushi

 飯田市伊賀良地区の「伊賀良ボランティアグループ」(水上律代表)は8日、福祉体験交流会を伊賀良公民館で開いた。健康福祉委員会や身障協、旭ケ丘中生徒有志ら70人ほどが参加し、車椅子やアイマスク体験で支え合いの心を学んだ。

 福祉体験交流会は20年ほど続く取り組み。ボランティアグループが独自で車椅子の学習をしていたところ、他団体からも「一緒にやろう」と声が掛かり、その後「若い人にも体験してもらいたい」と中学校へも参加を呼び掛けて年1回続いている。

 アイマスク体験では、参加者全員が目隠ししたまま40分ほどにわたって日常生活を擬似体験。目が見えない場合にどんなことが困るのか、どんな支え方をしたらいいのかを体感した。

 一方、車椅子体験では車椅子の操作や介助方法、乗っている人との信頼関係の大切さを学んだ後に乗る人と介助する人をそれぞれ体験した。昨年も参加した旭中3年の生徒(14)は「何も話し掛けられずに押されると怖い。使い方は覚えていたけど、今回は前よりしっかり声掛けができるようになった」と話した。

 ボランティアグループの水上会長は「体験を通して支えること、支えられていることを感じてもらいたい。子どもたちにも何か一つでも感じるものを見つけてもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞