伊賀良ボランティアグループが福祉体験

子育て・医療・福祉

[ 2017年 7月 11日 火曜日 15時06分 ]

001Fukushi

 飯田市伊賀良地区の「伊賀良ボランティアグループ」(水上律代表)は8日、福祉体験交流会を伊賀良公民館で開いた。健康福祉委員会や身障協、旭ケ丘中生徒有志ら70人ほどが参加し、車椅子やアイマスク体験で支え合いの心を学んだ。

 福祉体験交流会は20年ほど続く取り組み。ボランティアグループが独自で車椅子の学習をしていたところ、他団体からも「一緒にやろう」と声が掛かり、その後「若い人にも体験してもらいたい」と中学校へも参加を呼び掛けて年1回続いている。

 アイマスク体験では、参加者全員が目隠ししたまま40分ほどにわたって日常生活を擬似体験。目が見えない場合にどんなことが困るのか、どんな支え方をしたらいいのかを体感した。

 一方、車椅子体験では車椅子の操作や介助方法、乗っている人との信頼関係の大切さを学んだ後に乗る人と介助する人をそれぞれ体験した。昨年も参加した旭中3年の生徒(14)は「何も話し掛けられずに押されると怖い。使い方は覚えていたけど、今回は前よりしっかり声掛けができるようになった」と話した。

 ボランティアグループの水上会長は「体験を通して支えること、支えられていることを感じてもらいたい。子どもたちにも何か一つでも感じるものを見つけてもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞