出産お祝い膳提供、9月から市立病院で

子育て・医療・福祉

[ 2010年 8月 11日 水曜日 15時10分 ]

 飯田市立病院は10日、出産した人にお祝いのメッセージと共に「お祝い膳」を提供すると発表した。提供を始めるにあたり、2008年度「信州の名工」に選ばれた日本料理「柚木元」の萩原幸夫さんに献立と調理技術の指導を受け、出産祝い膳のメニューが完成。この日、試食会を兼ねて記者発表を行った。

 献立内容は▽お赤飯▽すまし汁▽トマトとモッツレラチーズ、アスパラガスの柚子胡椒添え、生ハムの盛り合わせ▽ヒレかつ▽よもぎ麩、南瓜、なす、冬瓜の炊き合わせ▽豆腐サラダ▽抹茶ヨーグルトゼリー果物添え。エネルギー量は950キロカロリーと少し多めに設定した。

 同院食養科の熊谷彰子科長(栄養管理士)は「入院患者の治療に貢献する食事を提供するとともに、少しでも満足度の高い食事が提供できるよう、お祝いの意味も込めて、ささやかではあるが、お祝い膳を用意させていただく」と説明。「萩原さんからプロの知識、技術を学ぶなかで、より満足度の高い食事が提供できるよう取り組んできた。準備が整いしだい、9月から開始したい」と述べた。

 食養科では、栄養士7人、調理員20数人体制で月曜日から土曜日まで1食300人前後の食事を提供している。出産する人は1日平均5~6人、年間約1000人で、お祝い膳は生まれて4日目に提供する。特別メニューを提供するのは今回初めて。献立について、萩原さんは「ちょっと変わったもの、ふだん食していないものでお祝いされている気持ちを考えて作った。季節の野菜に合わせて変えていく」とした。

 同院によると、出産祝い膳の提供は南信では初めて。今後も今まで以上に食の知識を深め、多様化するニーズに対応し、患者に満足してもらえるよう食のアメニティを提案していきたい考えだ。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞