北部5町村でワクチン接種券配布

子育て・医療・福祉

[ 2021年 4月 21日 水曜日 15時09分 ]

 新型コロナウイルスの共同接種体制をつくる下伊那北部5町村は、本年度中に65歳以上となる住民約1万3000人に宛てワクチン接種に必要な接種券と予診票(2回分)を順次発送している。20日までに3町村が発送作業を終え、残る2町村も23日までに発送する。予約受付開始は5月10日午前9時、接種開始日は24日になる。

 5月6~23日は、高齢者入所施設などで先行してワクチン接種を行う。在宅診療を受ける高齢者向けの先行接種は6日から開始する。

 介護老人保健施設や介護医療院、介護老人福祉施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、認知症対応型共同生活介護などの施設での接種は5月10日から。同時期、同会場で接種する場合に限り、高齢者以外の施設従事者も同時に接種する。

 その他の高齢者は、下伊那厚生病院(高森町)と下伊那赤十字病院(松川町)を中心に5町村内12の医療機関から希望する会場を選んで個別接種を行う。

 予約受付開始は5月10日午前9時。各町村が設けたコールセンターで電話予約するか、案内チラシ掲載のQRコードを読み取ってインターネットから予約する。2回の接種が必要なため、1回目の予約時に2回目も併せて予約する。

 各町村のコールセンターは次の通り。予約開始までは接種会場などの相談に対応する。土日祝日を除く午前9時から午後5時。松川町のコールセンターは26日に開設する。

 ▽松川町(0570・049・888)▽高森町(54・0739、54・0748)▽喬木村(49・3166)▽豊丘村(48・0008、35・9061)▽大鹿村(48・5701)。

◎写真説明:発送した接種券や予診票などの見本

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞