南信初のマルチスライスCT機導入、心筋梗塞の診断などに効果

子育て・医療・福祉

[ 2010年 8月 8日 日曜日 18時39分 ]

 飯田市鼎中平の健和会病院(牛山雅夫院長)はこのほど、南信では初めて高性能のマルチスライスCT機を導入した。従来機に比べて撮影能力が高く、心臓や脳の血管の撮影が可能になる。

 新たに導入した同機は、頭から足の先端までを輪切りにした状態で撮影できるCT機の最新モデル。撮影能力が高く、従来機では不可能だった、動く臓器の細部までを撮影できるため、心筋梗塞や脳梗塞などの診断にも力を発揮する。

 特に心臓疾患の診断に効果的で、血管に投影剤を投与しなければ困難だった冠動脈の撮影が可能になるため、患者の負荷を大きく低下させることができるという。

 2日に導入し、診断に活用している。今後は開業医が利用できるシステムを構築したいとしている。

 技術部の佐藤功部長は「南信では初の導入とあって、地域医療の向上に貢献できるよう努めたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞