南信初のマルチスライスCT機導入、心筋梗塞の診断などに効果

子育て・医療・福祉

[ 2010年 8月 8日 日曜日 18時39分 ]

 飯田市鼎中平の健和会病院(牛山雅夫院長)はこのほど、南信では初めて高性能のマルチスライスCT機を導入した。従来機に比べて撮影能力が高く、心臓や脳の血管の撮影が可能になる。

 新たに導入した同機は、頭から足の先端までを輪切りにした状態で撮影できるCT機の最新モデル。撮影能力が高く、従来機では不可能だった、動く臓器の細部までを撮影できるため、心筋梗塞や脳梗塞などの診断にも力を発揮する。

 特に心臓疾患の診断に効果的で、血管に投影剤を投与しなければ困難だった冠動脈の撮影が可能になるため、患者の負荷を大きく低下させることができるという。

 2日に導入し、診断に活用している。今後は開業医が利用できるシステムを構築したいとしている。

 技術部の佐藤功部長は「南信では初の導入とあって、地域医療の向上に貢献できるよう努めたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞