南信地域に宿泊療養施設

子育て・医療・福祉

[ 2021年 2月 11日 木曜日 13時46分 ]


 県は15日から、南信地域に新型コロナウイルス感染症の軽症・無症状者を受け入れるための宿泊療養施設の運用を開始する。既に開設済みの東信、中信、北信に続き4施設目で、計375人の受け入れが可能となった。

 療養場所を宿泊施設に移すのは、感染者のうち65歳未満の軽症・無症状者で持病がない人。

 県の医療政策課によると、療養施設は南信地域の民間の宿泊施設1棟を借り上げて使用し、最大で100人程度を受け入れることができる。風評被害の恐れがあるとして施設名など詳細を公表していない。

 療養者は原則として、1日3回の食事の受け取り以外は入所から退所までの期間、バス・トイレ付きの個室内で過ごす。24時間常駐する看護師2人が1日2回の健康観察をビデオ通話で行い、体温や酸素飽和濃度、血圧の測定結果などを確認。異常があれば医師がオンコール対応する。

◎写真説明:南信の宿泊療養施設(長野県提供)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞