地域外来・検査センター開設

子育て・医療・福祉

[ 2020年 5月 8日 金曜日 16時52分 ]

 新型コロナウイルス感染症の初期診療や検査検体採取のため新設する「飯田市地域外来・検査センター」を巡って市は7日、旧工業技術センター(同市上郷別府)に25日に開設すると明らかにした。

 センターは県の委託を受けて設置し、市が14市町村などでつくる飯伊地区包括医療協議会とともに運営する。

 担当課によると、センターで検査を受けるには、かかりつけ医の紹介と予約が必要。センターに直接訪れても検査は受けられない。

 ドライブスルー方式で初期診断などを行う。検査方法はより迅速に結果が判明する「LAMP(ランプ)法」を採用。開設の曜日や時間帯は検討中とする。

 1日最大7検体を採取し、市立病院などで検査を行う。

 基本的には保険診療となり、検査依頼があった医療機関を通じて医療費の個人負担が発生する。保健所が行う濃厚接触者の検体採取の場合は個人負担が生じない。

 県はセンターを県内10広域圏ごとに1~3カ所程度設置する方針。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞