地域外来・検査センター開設

子育て・医療・福祉

[ 2020年 5月 8日 金曜日 16時52分 ]

 新型コロナウイルス感染症の初期診療や検査検体採取のため新設する「飯田市地域外来・検査センター」を巡って市は7日、旧工業技術センター(同市上郷別府)に25日に開設すると明らかにした。

 センターは県の委託を受けて設置し、市が14市町村などでつくる飯伊地区包括医療協議会とともに運営する。

 担当課によると、センターで検査を受けるには、かかりつけ医の紹介と予約が必要。センターに直接訪れても検査は受けられない。

 ドライブスルー方式で初期診断などを行う。検査方法はより迅速に結果が判明する「LAMP(ランプ)法」を採用。開設の曜日や時間帯は検討中とする。

 1日最大7検体を採取し、市立病院などで検査を行う。

 基本的には保険診療となり、検査依頼があった医療機関を通じて医療費の個人負担が発生する。保健所が行う濃厚接触者の検体採取の場合は個人負担が生じない。

 県はセンターを県内10広域圏ごとに1~3カ所程度設置する方針。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞