変化に対応できる運営を 飯田医師会が臨時総会

子育て・医療・福祉

[ 2017年 3月 29日 水曜日 16時10分 ]

飯田医師会の臨時総会

 一般社団法人の飯田医師会(古田仁志会長)の臨時社員総会が28日夜、飯田市錦町のシルクホテルであり、2017年度の事業計画案と予算案、県医師会代議員・予備代議員の選任案を承認した。会員288人のうち、委任状を含む230人が出席した。

 古田会長は国の地域医療構想を踏まえ「地域住民が安心して医療介護を受けられるよう、関連職種が連携して取り組む必要がある」と強調。開業医の高齢化などの問題も指摘し「国際情勢が不透明で人々の不安が高まる時こそ、社会保障の充実による安心が社会の安定につながる。10年後のリニア開通に向けた工事も動き出してくる中、医師会も変化に対応できる運営を心掛けよう」と呼び掛けた。

 17年度事業計画のうち、「在宅・終末医療・介護保険対策」では、終末期医療への希望を前もって記しておく「事前指示書」について「在宅療養にステージが移る時期の患者向け」に、新たな内容の作成、運用を目指す。

 「学校医活動の推進」では、発達障害について教育関係者や他職種と連携して積極的に取り組むほか、16年度に始まった学校保健の運動器検診もさらなる円滑な実施に向けた調整を図る。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号