市消防団機動救助隊が訓練 大規模災害に備え

子育て・医療・福祉

[ 2017年 2月 14日 火曜日 15時34分 ]

小型重機の操作方法を確認する隊員

 飯田市消防団(宮下和博団長)機動救助隊の訓練が12日、市内であった。救助への知識を深めたり小型重機の操作方法を確認し、大規模災害に備えた。

 同機動救助隊は東日本大震災を教訓に、要救助者を迅速・的確に救出し被害の軽減を図る目的で昨年4月に発足。18ある各分団から1~2人ずつ選出し、計37人で構成する。

 小型重機の運転資格の取得を推進し、この日は新たに取得した隊員らを対象に操作訓練した。市内の企業から無償で借りた重機2台を使い、バケットを操って掘った土を慎重に移していた。昨年11月に資格を取得した会社員の後藤靖貴さん(27)は「必要とされる現場で対応できるよう技術をしっかり身に付けたい」と語った。

 2班に分かれ、コードレス電動油圧救助器具や電動ハンマードリル、手動式コンクリート破砕機などを使った救助訓練も受けた。宮下団長は「機動救助隊員として学んだことを各分団へと持ち帰り、指導役になって広めてほしい」と期待を込めた。

 災害現場では救助・救命資材が必要とされ、市では2020(平成32)年にかけて多機能型積載車を5台配備する予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15