市立病院 一般対象に初めて「緩和ケア学術講演会」

子育て・医療・福祉

[ 2012年 3月 16日 金曜日 13時47分 ]

 飯田市立病院はこのほど、一般市民公開講座「第6回飯伊地区緩和ケア学術講演会」を同院で開いた。昨年まで医療関係者を対象に行ってきたが、緩和ケアについて広く知ってもらうために、今回から一般公開することにした。約70人が聴講した。

 緩和ケアについて、同院緩和ケア内科医長の山田武志医師は「以前はがんの治療が終わって終末期に行うとされていたが、今では患者と家族のクオリティーライフを改善するため、疾患の早期(診断時)から治療と一緒に受ける。終末期ではなく、できるだけ早い時期に痛みや苦痛、不安、社会的苦痛(経済的・仕事上・家庭内の問題)などを予防し緩和することで生活を改善する」と説明。

 「患者や家族がその人らしく生活することを妨げる全てが対象。当院では一般病棟で主治医の医師と一緒になって看護師や薬剤師、社会福祉士、臨床心理士、栄養士が緩和ケアチームをつくり緩和ケアを行っている。家族も含めてつらい病状が続いている場合は、我慢しないで緩和ケアを受けてみて」と呼び掛けた。

 特別講演に招いたキャンサーネットジャパン理事で飯田市出身の柳澤昭浩事務局長は「外国で使える抗がん剤が日本ではなかなか入手できない。アメリカではがん死亡率が減少しているが、日本は増加の一途をたどっている。アメリカは心疾患が多いが、日本は高齢化で長生きするとがんの死亡が増えてくる。がん難民は、標準治療が的確に実施されなかったり、標準よりもかなり外れて害をもたらす可能性のある治療を受けなければならない。誰でも最善の抗がん剤治療を受けたい」と語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞