市立病院でリニアック棟の安全祈願祭

子育て・医療・福祉

[ 2016年 12月 2日 金曜日 15時25分 ]

003市立病院

 飯田市立病院(八幡町)は、がんの放射線治療に使う「リニアック」装置の更新期に伴い、本館北側の駐車場部分にリニアック棟を増築する。工期は10月から2017年8月までで、導入する最新装置(1基)の稼働を含む開設は17年度末を見込む。2日朝に現地で建設工事の安全祈願祭が行われた。

 病院事務局によると、リニアックは体外から放射線を細胞に当て、がんを治療する装置。現在の装置は06年3月に更新して本館地階に設置しているが、稼働期限の目安(10年余)を迎えている。最新機器への更新にあたり、入れ替え調整に伴う放射線治療の空白期間が生じないよう、新たなリニアック棟の増築を決めた。

 市立病院は「地域がん診療連携拠点病院」に指定されている。最新のリニアック機種の導入で、より正確な照射が可能となり、患者の負担軽減が期待されるという。治療患者数は現在の1日約30人、年間延べ約7500人を上回る数を想定している。

 主に治療部門と診療部門を備えるリニアック棟は鉄筋コンクリート造の平屋建て約710平方メートルで建設。治療計画CT室やラルストロン(体内から放射線を照射する装置)室、診察室なども配置し、がん診療機能の充実を図る。

 既存の駐車場の屋根や柱も活用し、病院本館と渡り廊下で結ぶ。外観構造はプライバシーなどに配慮。次期更新時も見据え、将来的な増築が可能な計画とする。

 概算事業費は約11億6000万円で、内訳は建設工事6億4000万円、リニアック機器4億8000万円、設計関係4000万円。自主財源は3億6000万円、残りは起債でまかなう。

 2日の安全祈願祭は施工業者が開き、市や病院関係者らが出席した。佐藤健副市長は「切れ目なく放射線治療を行うための増築工事。がん診療連携拠点病院としての役割を果たすべく、工期内の完成を願う」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10