御嶽山捜索隊が帰還 広域消防本部

子育て・医療・福祉

[ 2014年 10月 20日 月曜日 9時14分 ]

 御嶽山の噴火で、行方不明者の捜索にあたるため現地に向かった飯田広域消防本部の第10次応援隊が17日、年内の捜索終了を受け、飯田市東栄町の同本部に戻った。

 県知事から県消防相互応援隊の出動要請を受け、飯田からは延べ87人が派遣され、山頂での捜索や救急、後方支援などに携わった。

 本部前で開いた帰隊式で、南信州広域連合副管理者の佐藤健副市長は、活動終了を報告した7人に「行方不明者全員を帰してあげたかったという皆さんの強い願いは、関係者の家族にも伝わっていると信じたい。体と心をゆっくり休めて」と述べ、過酷な環境の中で活動した87人をねぎらった。

  

関連の注目記事

powered by weblio