拡大備えて検査体制充実

子育て・医療・福祉

[ 2020年 9月 11日 金曜日 15時25分 ]

 新型コロナウイルス感染症の拡大に備え、飯田市立病院は10日、抗原検査装置1台を導入したと発表した。1日当たりの検査は最大100検体。結果が出るまでの時間は1時間程度で、既に導入しているPCR検査装置よりも短時間で判定ができる。

 検査装置は8月14日に導入し、訓練を経て24時間体制の本格的な運用を開始した。導入費は781万円。安全キャビネットやクリーンベンチを備えた遺伝子検査室も8月末までに整備した。

 PCR検査は1日当たり最大40検体が可能で、結果が出るまでの時間は1時間10分~1時間20分。

 市立病院経営企画課によると、平日昼間の地域外来・検査センターからの検査オーダーは専門知識技能が必要なPCR検査で対応。院内からの迅速性が必要な検査オーダーや、休日夜間の検査オーダーには臨床検査科の全技師が対応可能な抗原検査によって対応する。

 同病院での検査実績をみると、8月末現在でLAMP(ランプ)法が245件、PCR検査が109件、抗原検査が31件。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞