拡大備えて検査体制充実

子育て・医療・福祉

[ 2020年 9月 11日 金曜日 15時25分 ]

 新型コロナウイルス感染症の拡大に備え、飯田市立病院は10日、抗原検査装置1台を導入したと発表した。1日当たりの検査は最大100検体。結果が出るまでの時間は1時間程度で、既に導入しているPCR検査装置よりも短時間で判定ができる。

 検査装置は8月14日に導入し、訓練を経て24時間体制の本格的な運用を開始した。導入費は781万円。安全キャビネットやクリーンベンチを備えた遺伝子検査室も8月末までに整備した。

 PCR検査は1日当たり最大40検体が可能で、結果が出るまでの時間は1時間10分~1時間20分。

 市立病院経営企画課によると、平日昼間の地域外来・検査センターからの検査オーダーは専門知識技能が必要なPCR検査で対応。院内からの迅速性が必要な検査オーダーや、休日夜間の検査オーダーには臨床検査科の全技師が対応可能な抗原検査によって対応する。

 同病院での検査実績をみると、8月末現在でLAMP(ランプ)法が245件、PCR検査が109件、抗原検査が31件。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞