昼神温泉リハビリ旅行一行が授業体験

子育て・医療・福祉

[ 2018年 5月 25日 金曜日 15時43分 ]

授業体験する一行と高校生(杵原学校で)

 阿智☆昼神観光局と東京都板橋区のリハビリ推進センターによる「昼神温泉リハビリ旅行」の一行が25日、飯田市竹佐の杵原学校を訪れ授業体験を行った。旅行受け入れには阿智高校3年地域政策コースの10人も協力。懐かしの木造校舎での授業を一緒に体験して交流を深めた。

 同旅行は、リハビリプログラムに旅行を組み込んだ取り組み。24日から26日までの2泊3日、7組11人の家族と理学療法士などのスタッフ10人が訪れた。昼神温泉での受け入れは8回目だが、今回初めて阿智高校で観光を学ぶ生徒たちが加わって実施した。

 生徒たちは、旅行受け入れにあたって会場の歩行距離、段差などを事前に調査し、リハビリ推進センターに情報提供。これを受けて、旅行参加者が歩行や段差を乗り越えるなどのリハビリに取り組んできた。

 杵原学校に到着した一行は、生徒らに迎えられながら教室へ向かった。授業体験では、杵原学校応援団の井上征雄団長が教壇に立って社会の授業。山本中学校建設から中学統合後も校舎を存続し、活用に取り組んできた歴史と住民の思いを語った。

 音楽の授業では、オルガンの伴奏に合わせ「富士の山」と「ふるさと」の2曲を歌った。高校生との交流会も開催。飯田の和菓子と天龍村のお茶を味わいながら、昔の話を聞いたり簡単な遊びをしたりと交流を深めた。

 昼神温泉へ初めて訪れたという男性は「高校生も来てくれてありがたい。木造校舎での授業は懐かしさで胸がいっぱいになった」と感無量の様子だった。

 阿智高の武田翔真さん(17)は「前々から準備してきたが喜んでもらえてありがたい。杵原学校の歴史と地元の方の思いも知ることができた」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞