松尾小 児童会ボランティア委員会が布を寄贈

子育て・医療・福祉

[ 2015年 10月 23日 金曜日 9時56分 ]

 飯田市立松尾小学校(林司校長、児童数772人)の児童会ボランティア委員会は21日、松尾八幡にある同市社会福祉協議会のヘルパーステーション市立病院分駐(篠田千賀子主任)に、主に排せつ介助で使う布を段ボール1箱分寄贈した。

 ボランティア委員会は昨年度、飼育委員会に替わって発足した。活動内容を市社会福祉協議会に相談したところ、東日本大震災の被災地へ送るベルマークの収集と、介助用の布を集めて切る活動を知り、昨年度から活動を始めた。

 本年度も4月から朝週2回、ボランティア委員の5,6年生19人が昇降口に立ち、登校してくる児童にベルマークと布集めに協力を呼び掛けた。布はタオルやシーツのほか古着でもいいが、児童たちは恥ずかしがってなかなか集まらなかったという。それでも集めた布は、ボランティア委員が1枚1枚15センチ角にはさみで切って、すぐ使えるように準備した。

 昨年度は集めた布を顧問の先生が同分駐の事務所に届けたが、ことしは「わざわざ届けてもらうのは申し訳ない」と篠田主任ら2人が同校を訪れ、校長室でボランティア委員会の3人から受け取った。

 校長室で行われた贈呈式で、林校長は「ベルマークだけでなく布を全校で集めた。ぜひとも有効に使ってください」とあいさつ。受け取った篠田主任は「在宅の寝たきりや独りで生活しているお年寄りを訪問し、生活を支えたりオムツ交換などをしている。布は主に排せつ介助で使うが、必要とする人は50人ぐらいいる。少しでも気持ちよく過ごしてもらうため、どうしても足りないので本当に助かる。大切に使わせていただきます」と感謝を述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30