次世代会議プロジェクトチームが認知症カフェ開設

子育て・医療・福祉

[ 2015年 7月 2日 木曜日 9時37分 ]

 南信州次世代会議のプロジェクトチームがこのほど、飯田市鼎名古熊のらく寿(田畑茶舗)で認知症カフェを初開設した。認知症を患っている人や介護などで支えている家族、興味のある人など20人が参加し、デザートを囲んだ気軽な雰囲気の中で交流を深めた。次回は9月の開催を計画している。

 リニア中央新幹線の開業に向け、現役世代の住民が中心となって地域の将来像を描き、実践する次世代会議の中で立ち上がった「認知症カフェプロジェクト」が主催した。

 参加しやすい環境にするため、民間のカフェを会場に設定して募集し、定員いっぱいの20人が集まった。

 カフェならではの落ち着いた雰囲気の中、参加者たちはデザートのぜんざいなどを食べながら、和やかに交流。世間話などからはじめ、それぞれの状況などを打ち明けながら、交流した。

 同市内の80歳の女性は、認知症を患う83歳の夫と参加した。「2人暮らしの老老介護だが、どう接していいか何もかもが分からず一人で悩んでいた」という。

 「叱ってはいけないと聞いていたが、つい叱ってしまう…」と打ち明け、参加者たちにアドバイスを求めた。

 同市内の68歳の女性は「少しでも外の空気に触れてほしい」と、患う70歳の夫と足を運んだ。世間話をしているうちに、しだいに表情を緩めていく夫の姿に目を細めた。

 「家族同士が介護の苦しみや悩みを吐き出し、知恵を出し合ったり、励まし合う交流の場、また専門家も交えながら情報交換の場を提供したい」と企画した同プロジェクトチーム。

 リーダーの村井倫子さんは「社会とつながっている民間のカフェに、ただ集まるだけでもリラックスにつながるということにあらためて気付かされた」と強調。「認知症の方も地域の中に溶け込み、どんどん社会に出て行く環境づくりが必要だと感じた」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10