県がコロナウイルスで基本方針策定

子育て・医療・福祉

[ 2020年 2月 26日 水曜日 15時23分 ]

 県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、県は25日夜、対策本部会議を開催した。感染拡大スピードの抑制と重症者の発生を減らすことを対策目標とし、今後の方針をまとめた。3月17日まで県主催イベントを延期や中止することなどを決めた。

 県は「これから2週間前後が、急速な感染拡大に進むか否かを分ける極めて重要な期間」との認識のもとで対応を協議。今後おおむね2週間は個人の感染予防対策のさらなる徹底に加え、▽集団感染の防止▽重症化しやすい人を守る▽今後流行期に入った場合に備えて体制を整える―を最重点とする。

 具体的には、3月17日までの3週間、多数の参加者が集まる県主催のイベント・行事については延期または中止を検討。飲食の提供を目的とするものや屋内の狭い空間に長時間とどまるものは原則、延期・中止とする。

 学校の卒業式や資格試験など実施日の変更が困難なものについては、参加者や開催時間を極力限定するなどした上で、感染防止対策を徹底し、注意喚起を十分に行って開催する。

 県職員には▽手洗いやうがい、窓口対応する場合にはマスクを着用するなど予防を徹底▽体調が優れない場合は無理せず休む▽電車などが混雑する時間帯の出勤を避ける―などの対応を求める。

 この他、県民に対する正確な情報提供の強化▽保健所などの相談体制の強化▽感染確認のための検査体制の拡充▽患者受け入れなどの医療体制の拡充―などに取り組む。

◎写真説明:南信州地方部の対策会議(県飯田合同庁舎で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞