県が新型インフルエンザ対策訓練

子育て・医療・福祉

[ 2016年 1月 15日 金曜日 9時58分 ]

 県は14日、新型インフルエンザの発生を想定した対策訓練を実施した。県内で新型インフルエンザ患者が発生したことを想定し、県庁で本部員会議を開催し、県内発生早期の対応について協議。県本部会議での決定事項を踏まえ、地方部における対応を協議する訓練を行った。

 飯田合同庁舎で開いた下伊那地方部の訓練には、地方事務所、保健所、建設事務所の3所の課長や係長など約40人が参加。県内で新型インフルエンザA(H7N9)の確定例が発生したことを受け、県本部会議で決定した基本的対処方針に従って、県内発生早期の対策を実施するよう伝達事項の確認と知事メッセージを受けた。

 知事(対策本部長)からは「情報を部局間で共有するとともに、家庭や個人で行う対策について県民への情報伝達を迅速に行う」「各機関の業務継続について万全を期す」ことなど4点について指示があった。

 これを受け、各班の長が職員の健康状態と今後の対応について報告。有賀秀敏地方部長(下伊那地方事務所長)は「緊急事態措置を迅速に実施することで、感染拡大を抑え、県民の生命と健康、生活と経済への影響を最小限とする」よう指示した。業務継続については、感染拡大も想定し、時差勤務などを含め体制を検討することなどを求めた。

 新型インフルエンザ対策訓練は、2013年4月に特別措置法が施行されたのを受け、13年度は国外、14年度は国内での発生を想定した訓練を実施。3回目の15年度は昨年11月27日に県も情報伝達訓練は行ったが、県内発生を想定し県の対応を協議する訓練を今回あらためて実施した。県本部会議の様子は地方部に映像配信された。

 終了後、有賀所長は「7年前(平成21年)に管内でも発生している。新型インフルエンザ対応のマニュアルをしっかり頭に入れておくことが大切。関係団体と情報共有し、マニュアルを含めて周知を」と講評を述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01