県北部地震  広域消防10人出動 白馬で住民の安否確認

子育て・医療・福祉

[ 2014年 11月 25日 火曜日 13時45分 ]

 県北部を震源に22日夜発生した震度6弱の地震で、飯田広域消防本部は23日、県消防相互応援隊として10人を現地に派遣した。隊員たちは被害の大きい白馬村で住民の安否確認にあたった。

 地震発生から2時間後に長野市消防局から出動要請を受け、救助隊5人と指揮隊3人、支援隊2人が同2時半に出発。被害が集中した神城地区の堀ノ内、三日市場の倒壊・被災した17棟とその周辺で、要救助者の有無と住民の安否を伊那・木曽の消防署員とともに2時間かけて確認した。

 一帯には救助が必要な人は見当たらず、10人は同日午後6時までに飯田に戻った。

 飯田の指揮隊長は「白馬は長野市鬼無里方面で民家の倒壊、傾斜が目立ち、地盤や山肌も大きな影響を受けていた」、同救助隊長は「家の隣でテント生活を送っている人に『ご苦労様』と声を掛けられ、頭の下がる思いだった」と振り返った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞