県看護協会がマタニティフェスタ

子育て・医療・福祉

[ 2014年 11月 5日 水曜日 9時14分 ]

 「いいお産(1103)の日」の3日、県看護協会飯田支部主催の「マタニティフェスタ2014」が飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれた。育児体験や骨盤ケア、命の尊さを考える講義や助産師相談など、出産や育児に役立つ多彩なコーナーを設け、多くの妊婦や家族らが訪れた。県助産師会飯下地区と飯伊鍼灸師会が後援した。

 育児・妊婦の体験コーナーでは、出産を控えた夫婦らが、3000グラムのベビー人形を使った沐浴や抱っこ、おむつ交換などに挑戦した。夫も約10キロの備品を装着して、おなかが大きくなると動く際にどれだけ大変かを実感。サポートへの思いを強めた。

 マタニティフィットネスや骨盤ケアで助産師は「お母さんがリラックスできると、おなかの赤ちゃんもリラックスできる。安産の近道」とアドバイス。自宅でも簡単にできる運動や骨盤を支えるベルトの着用方法などを実演しながら教えた。

 大人のための「いのちの授業」では、宿した命、産まれた子のありがたさを見つめ直した。ハーブティーを飲みながらの「アロマでリラックス」、助産師が出産や育児に関する疑問や不安に応じたり、飯田下伊那特有の慣例行事を伝えたりのコーナーもあった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞