県社協が福祉のしごと就職相談会開く

子育て・医療・福祉

[ 2014年 5月 24日 土曜日 8時36分 ]

 県社会福祉協議会は22日、本年度の「福祉のしごと就職相談会」を飯田市高羽町の飯田文化会館で開いた。飯田下伊那地域を中心とした介護事業所14カ所がブースを設置。求職者ら約40人が来場して各事業所と個別面談し、介護福祉の仕事に関する相談を行った。

 本年度1回目の小規模型合同説明会。これまで「福祉のしごと地区面接会」として行ってきたが、より多くの人に気軽に参加してもらおうと、名称を変えて実施した。

 この日は飯伊をはじめ飯島町や宮田村、駒ケ根市の事業所が参加。来場者は各ブースを回って、担当者から職場や仕事内容などの説明を受けた。今後開所を予定している事業所もあり、来場者と熱心に語り合う姿も。会場内には介護に関する資格取得や就職についての相談コーナーも設けられ、絶えず相談者が訪れていた。

 県社協福祉人材部人材グループの一人は「新しく開所した施設もあり募集を行っているが、介護福祉分野は求職者が伸び悩んでいる。相談会には少しでも興味のある人に来てもらい、気軽に相談してもらうことで福祉について身近に感じてもらいたい。その中で就職に結び付けてもらえたら」と話していた。

 相談会は6月に塩尻、千曲、佐久でも実施する予定。

 県社協では、介護職の求人情報開示や就職に関する個別相談、セミナー、福祉の職場体験などを行っている。飯田では6月27日と7月25日、介護福祉分野の求人動向や介護職の現状などについて学ぶ「福祉ジョブセミナー」を大久保町のハローワーク飯田で開催。各日午後1時半から4時まで。セミナー後半には個別相談も行う。

 問い合わせは県社協福祉人材部人材グループ(電話026・226・7330)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞