県臨床検査技師会が「検査と健康展」

子育て・医療・福祉

[ 2015年 12月 1日 火曜日 9時51分 ]

 健康管理は臨床検査から~みつめよう自分のからだ~をテーマに、県臨床検査技師会主催「第13回検査と健康展」が29日、飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターであった。

 南信支部飯田下伊那地区が担当し、飯伊の各病院の検査技師をはじめ、医師や看護師、放射線技師、臨床工学士、保健師など異職種の約70人が協力。健康チェックやパネル展示・臨床検査体験、健康相談などを行い、参加者は予想を大きく超える約500人が訪れた。

 11月の「健康月間」の事業の一環として、住民の健康づくりや生活習慣病の早期発見のため、定期的な健康診断の重要性、臨床検査の正しい知識と普及・啓発を行い、健康づくりの意識を高めることが目的。県内は各地区持ち回りで開催しており、飯伊地区では5年ぶりとなった。

 血管年齢検査、肺年齢検査、頚動脈エコー検査、血糖測定、骨密度測定、ストレスチェックに希望者がつめかけ、行列ができた。特に人数制限のある血管年齢検査と頚動脈エコー検査は予約券が必要とあって、スタート2時間前から来て待っている人も20人ぐらいおり、県臨床検査技師会の実原正明副会長は「健康に対する関心の高さをあらためて感じた」と語った。

 また、南信支部の理事は「300人の入場者数を想定していたので驚いた。PRの効果もあったが、他の地区と比べても参加者が多かった。飯田下伊那は交通事情がよくないなかで、住民の健康意識がかなり高い」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12

飯田市予算案21年度474億円

2月17日水曜日15:01

移住や広域観光で連携

2月16日火曜日15:23










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞