福祉の町づくり目指し 特養阿南荘の完成祝う

子育て・医療・福祉

[ 2012年 2月 29日 水曜日 15時00分 ]

 阿南町北条川田の特別養護老人ホーム阿南荘の竣工式が28日、開かれた。式典には、飯田下伊那各町村の首長や議長や国会、県議会の議員、地元関係者など来賓160人が訪れ、生まれ変わった阿南荘の新たなスタートを祝った。

 式典で佐々木暢生町長は「多床室から個室となり、一人一人のプライバシーを尊重し家庭的なサービスを提供できるようになった。また、公設民営のメリットとして居住の負担軽減措置を設けた。少子高齢化で在宅では対応しきれない状況を迎えるなか、施設サービスを充実させ、30年、40年先を見据えた設備拡充で福祉の町としてサービス向上に努めていきたい」とあいさつ。

 また、運営する社会福祉法人サンあなんの佐々木宣夫理事長は「すべての利用者が尊厳をもって暮らせるよう理事、職員一丸となって取り組みたい」と抱負を語った。

 阿南荘は1974年に4カ村の組合事業として同町北条中谷地籍に開設。83年に30床を増築し定員80人の施設になった。施設の老朽化と個室ユニット型サービス移行の必要性から、2005年から移転改築の検討を開始。公設民営方式により09年から11年にかけて整備した。

 同施設の敷地面積は1万3575平方メートル。建物は鉄骨造り平屋建てで、延べ床面積は4152平方メートル。用地取得や造成、建設費などを含め阿南町が約12億円を投じて完成させた。

 定員は現在の阿南荘と同じく長期80人とショートステイ4人の計84人。個室ユニットで10部屋ずつ8つのユニットに分かれており、各ユニットが広々とした共同生活スペースを囲むように個室を配置した。3月4日に一般向けの内覧会を開催。10日に引越し作業を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞