第2波阻止へ体制強化

子育て・医療・福祉

[ 2020年 7月 22日 水曜日 15時08分 ]

 飯田市は22日、新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べるPCRの検査機器を導入したと発表した。唾液による検査にも対応。従来の「LAMP(ランプ)法」と比べると陽性、陰性の判定結果が出るまでの時間を大幅に短縮でき、検査能力の向上につながると期待する。

 市立病院ではこれまで、ランプ法の検査機器を使って検査してきた。

 1日当たり10検体で、結果が出るまでに4時間ほどを要するランプ法に対し、新たに導入したPCR検査機器だと1日当たり50検体の検査が可能。判定結果が出るまでの時間も70~80分となる。

 市立病院経営企画課によると、デモ機を使って28日に運用を開始する。8月中旬までには院内に遺伝子検査室を整備し、発注機器とデモ機を入れ替えて運用する予定。導入費は約780万円で、県の新型コロナ感染症緊急包括支援事業を活用する。

 コロナの感染拡大に備えるもので、牧野光朗市長は「検査体制の強化につながる」と期待した。

 院内で採取した検体のほか、飯田市地域外来・検査センターで採取された検体を検査する。

 センターは県の委託を受けて市が設置し、飯伊地区包括医療協議会に委託して運営している。5月25日に飯田産業センター内の旧工業技術センター(同市上郷別府)に開設し、26日に検体の採取を開始した。市担当課によると、7月21日までに計70人から検体を採取した。

 車に乗ったままの「ドライブスルー方式」で、地域の病院が輪番制で医師、看護師、臨床検査技師を派遣して対応。検体採取は月曜から金曜日の午後1時から2時間以内。当面は1日最大10人とするが、市立病院へのPCR機器導入に伴って検体採取の数を増やすことも視野に検討する見通し。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞