緑ケ丘中校区のスポーツ推進委ら応急処置講習会

子育て・医療・福祉

[ 2014年 2月 27日 木曜日 9時28分 ]

 緑ケ丘中学校区の松尾、竜丘、下久堅の3地区のスポーツ推進委員と公民館は25日、少年少女スポーツクラブの指導者などを対象に、AEDなどを使った応急処置講習会を開いた。

 同校区内の3地区の少年少女スポーツクラブは5年ほど前から連携した取り組みを行っている。中学校へ入っても部活でスポーツを続けられるよう3地区内の好きなクラブに入ることもできる他、昨年から合同での指導者講習会も続ける。

 今回の講習には20人ほどのスポーツ指導者らが参加。伊賀良消防署の矢澤靖弘さんを講師に熱中症や落雷、心臓震とうなどのスポーツ災害について聞き、心肺蘇生法やAEDの使い方を実践した。

 矢澤さんは子どもの死亡原因の多くは不慮の事故などの突然死で、無理をさせず自己予防に努め、いざという時の対応や応急処置を身に付けておくことの大切さを強調した。

 熱中症や落雷の予防や対応方法などの後、心臓震とうについて説明。野球に限らずボールなどが子どもの胸に当たって心臓震とうになるケースがあるという。心臓震とうになった場合は早い段階で心肺蘇生やAEDを行わなければならない。

 続いて、実際に心肺蘇生法とAEDの使用方法を練習。倒れている人を見つけて、意識を確認し、周囲の人に救急要請とAEDを持ってくるよう頼んで、胸骨圧迫に取り掛かった。AEDが到着すると機械のアナウンスにしたがってパッドを貼り付け、電気ショックを与えると救急車が到着するまで胸骨圧迫を続けた。

 講習会を呼び掛けた市スポーツ推進委員協議会会長の田中利治さんは「単独クラブでの開催が難しい講習も合同ならできる。子どものスポーツ離れが深刻化するいまこそ、子どもたちが安全に楽しめる環境をつくっていかなければいけない」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

たくさんの笑顔と感動を

8月5日木曜日15:47

「りんごん」一転中止に

8月5日木曜日15:35

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞