訪問看護ステーションが開所 南部5町村 運営引継ぎ在宅支援へ

子育て・医療・福祉

[ 2017年 4月 28日 金曜日 16時30分 ]

開所式でテープカット

 下伊那南部5町村でつくる下伊那南部総合事務組合は27日、「南部訪問看護ステーションさくら」の開所式を阿南町東條の同所で開いた。経営難を理由に撤退を決めた県看護協会(松本市)から引き継ぎ、5町村の負担金で運営する。

 事務所前でのテープカットに続き、西條の阿南少年自然の家で祝賀会を開いた。

 組合管理者の勝野一成阿南町長は「引き続き南部の住民が在宅支援を受けられるよう、一生懸命に支援する」とあいさつ。さくら管理者の森本喜美子さん(58)は「住み慣れた自宅で一日でも長く暮らしたいという利用者の思いを大切に、在宅支援の一端を担いたい」と決意を述べた。

 さくらは同協会が1999年3月に設立。24時間体制の訪問看護を軸に5町村の他、飯田市上村と南信濃地区でサービスを展開してきたが、協会は昨年、撤退方針を示し、地元町村が県や協会を交えた協議を重ね、5町村を対象に組合運営で継続することを決めた。

 これまでと同じ常勤看護師2人、非常勤看護師3人、事務職員1人の体制で、拠点施設も維持。訪問看護の他、リハビリテーションや介護者への相談対応などのサービスを継続する。

 上村、南信濃は市内の事業者が引き継ぐため、利用者は約60人から約30人に減る。

 組合は本年度の特別会計予算に事業費2770万円を計上。事業収入は1709万円を見込み、残りを町村で負担するが、額は人口比率や過去の利用実績などから算出した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52