認知症への理解深めて 飯伊で「RUN伴」開催

子育て・医療・福祉

[ 2017年 10月 12日 木曜日 17時30分 ]

飯田病院までたすきをつないだ参加者ら

 認知症患者や家族、支援者がリレーをしてたすきをつなぐ「RUN TOMO―RROW2017(RUN伴)」が9日、飯田下伊那各地で開かれた。飯田市では18チーム120人が参加。市街地に設けられたルートを走り、認知症への理解を訴えた。

 「認知症の人が地域へ出ていく」「地域住民が認知症の人と出会う」「地域づくりのアクションを起こす」―の一歩を踏み出すことをコンセプトに日本縦断を目指すプロジェクトの一環。NPO法人認知症フレンドシップクラブ(東京都)と実行委員会が主催し、第7回となる今年は北海道から沖縄までを11ブロックに分け、11月までに計1万3000人がたすきをつなぐ。

 飯伊地区では松川町と高森町、飯田市の3地区で実施。事業所や病院、市福祉協議会、認知症の人と家族の会「わたの実会」が実行委を組織して開いた。

 市内では参加者らが認知症サポーターカラーのオレンジ色のシャツを着て、市街地の約5・5キロを走った。チームごとにゴールの飯田病院までたすきをつないだ。

 リレーに参加した同会の松川光子代表(66)は「リレーを通して地域の人に認知症への理解を深めてもらえたら」と話した。

 小宮山徳太郎実行委員長(70)は「新たに松川と高森町も参加し、一段と盛り上がった。認知症になっても安心して暮らせる地域づくりのため、来年はさらに開催地域を増やしたい」と語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞