認知症への理解深めて 飯伊で「RUN伴」開催

子育て・医療・福祉

[ 2017年 10月 12日 木曜日 17時30分 ]

飯田病院までたすきをつないだ参加者ら

 認知症患者や家族、支援者がリレーをしてたすきをつなぐ「RUN TOMO―RROW2017(RUN伴)」が9日、飯田下伊那各地で開かれた。飯田市では18チーム120人が参加。市街地に設けられたルートを走り、認知症への理解を訴えた。

 「認知症の人が地域へ出ていく」「地域住民が認知症の人と出会う」「地域づくりのアクションを起こす」―の一歩を踏み出すことをコンセプトに日本縦断を目指すプロジェクトの一環。NPO法人認知症フレンドシップクラブ(東京都)と実行委員会が主催し、第7回となる今年は北海道から沖縄までを11ブロックに分け、11月までに計1万3000人がたすきをつなぐ。

 飯伊地区では松川町と高森町、飯田市の3地区で実施。事業所や病院、市福祉協議会、認知症の人と家族の会「わたの実会」が実行委を組織して開いた。

 市内では参加者らが認知症サポーターカラーのオレンジ色のシャツを着て、市街地の約5・5キロを走った。チームごとにゴールの飯田病院までたすきをつないだ。

 リレーに参加した同会の松川光子代表(66)は「リレーを通して地域の人に認知症への理解を深めてもらえたら」と話した。

 小宮山徳太郎実行委員長(70)は「新たに松川と高森町も参加し、一段と盛り上がった。認知症になっても安心して暮らせる地域づくりのため、来年はさらに開催地域を増やしたい」と語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

五輪メダルの製作に 松川町も来月から協力

1月20日土曜日14:27

ザザムシ食べまいか かわらんべで調理体験

1月20日土曜日14:45

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号