認知症への理解深めて 飯伊で「RUN伴」開催

子育て・医療・福祉

[ 2017年 10月 12日 木曜日 17時30分 ]

飯田病院までたすきをつないだ参加者ら

 認知症患者や家族、支援者がリレーをしてたすきをつなぐ「RUN TOMO―RROW2017(RUN伴)」が9日、飯田下伊那各地で開かれた。飯田市では18チーム120人が参加。市街地に設けられたルートを走り、認知症への理解を訴えた。

 「認知症の人が地域へ出ていく」「地域住民が認知症の人と出会う」「地域づくりのアクションを起こす」―の一歩を踏み出すことをコンセプトに日本縦断を目指すプロジェクトの一環。NPO法人認知症フレンドシップクラブ(東京都)と実行委員会が主催し、第7回となる今年は北海道から沖縄までを11ブロックに分け、11月までに計1万3000人がたすきをつなぐ。

 飯伊地区では松川町と高森町、飯田市の3地区で実施。事業所や病院、市福祉協議会、認知症の人と家族の会「わたの実会」が実行委を組織して開いた。

 市内では参加者らが認知症サポーターカラーのオレンジ色のシャツを着て、市街地の約5・5キロを走った。チームごとにゴールの飯田病院までたすきをつないだ。

 リレーに参加した同会の松川光子代表(66)は「リレーを通して地域の人に認知症への理解を深めてもらえたら」と話した。

 小宮山徳太郎実行委員長(70)は「新たに松川と高森町も参加し、一段と盛り上がった。認知症になっても安心して暮らせる地域づくりのため、来年はさらに開催地域を増やしたい」と語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01