通所型サービスC始まる、短期集中で介護予防を

子育て・医療・福祉

[ 2016年 6月 8日 水曜日 15時02分 ]

関口接骨院 飯田市が4月から始めた介護予防・日常生活支援総合事業の一つで、運動機能の向上などを目的にした短期集中、通所型の介護予防教室(通所型サービスC)が6日、鼎下山の関口接骨院福祉サービスから始まった。60~80代の17人が集まり、3カ月のトレーニングに向けて体力や筋力、バランスなどを調べた。

 総合事業には訪問型、通所型などの「介護予防・生活支援サービス」と「一般介護予防事業」があり、通所型Cを含む介護予防・生活支援サービスは要支援1、同2と認定された人に加え、地域包括支援センターが訪問、面接で必要と認めた人も受けられる。

 対象者は市から委託を受けた事業所に週1回のペースで12回(3カ月)通い、個別の運動プログラムに沿った2、3時間のトレーニング、リハビリで日常生活の改善を目指す。指導は理学療法士か柔道整復師があたる。

 この日は開講式に続いて、プログラムづくりのための能力測定があり、それぞれの体力や肩と腕、腰、足の筋力、左右のバランスなどを筋量計で調べた。

 近くに住む夫妻は「年を取ってから運動不足になっているので、こういうことをしてもらえるのはいい。外出して人と会い、話をするのも楽しい」と話していた。

 施設の代表で柔道整復師、介護支援専門員の関口昌和さんは、次回から始まるトレーニングに向け「弱い部分を自覚して、家でも取り組めば効果が期待できる」と利用者を励ました。

 今後は各地のデイサービスセンター、NPO法人、接骨院など10事業所でも、今月から来年1月にかけて行われる。どの会場も送迎があり、自己負担は1回300円(おやつ代などが別途必要)。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞