阿南消防署と阿南署が合同水難救助訓練

子育て・医療・福祉

[ 2013年 7月 26日 金曜日 8時34分 ]

 水辺のレジャー最盛期を控え、飯田広域消防阿南消防署と阿南署は25日、阿南町の天竜川南宮大橋周辺流域で合同水難救助訓練を実施した。小型船舶による捜索や救助訓練を通じて関係機関の連携強化を図り、有事の際の的確な対応力を身に付けた。

 台風やゲリラ豪雨に伴う災害、夏期における水難事故の発生が予想される時期において、消防と警察が情報を共有化して救助を行おうと、合同にしてことしで8回目。両機関や飯田消防署特別救助隊などから約40人が参加して、小型レジャーボートが転覆し、乗員のうちの1人が川に流された―との想定で訓練を進めた。

 要救助者に見立てたブイを川に流し、船外機付き小型船舶など3艇で捜索・救助した他、要救助者に見立てた隊員を実際に川に入水させ、複数の小型船舶が協力して船上に引き上げる訓練も行った。

 同消防本部によると、昨年は救助や行方不明者の捜索で3件3人のボート出動があり、いずれも尊い命が失われた。清水敏夫阿南消防署長は「横の連携を密に連携を強め、迅速に救助ができるよう備えたい」とし、阿南署の神田庄市署長は「川の流れが穏やかに見えても、入水するとそうでないことが多い。安全第一で楽しんでもらいたい」と呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞