阿南署と阿南消防署が合同水難救助訓練

子育て・医療・福祉

[ 2012年 7月 25日 水曜日 9時04分 ]

 阿南署と飯田広域消防本部阿南消防署は24日、天龍村長島のJR飯田線為栗駅西側の天竜川右岸一帯で水難救助訓練を実施した。両署から合わせて27人が参加して、天竜川に電車両が落ちたとの想定で救助ボートを出動させ、要救助者に見立てたペットボトルを回収。ボートの操船技術や的確な救助方法の向上を図った。

 夏休みに入り、河川などでの水難事故が増える時期を迎えるにあたり、消防、警察が連携を強化し、有事の際に的確な救助活動ができるようにと合同訓練を始めてことしで7年目。この日はJR飯田線を為栗駅から豊橋方面に進行する3両編成の電車が土砂崩落に合い、1両目が脱線してすぐ横を流れる天竜川に落下、一部車両が水没するという初めての想定で行った。

 参加隊員らは、1両目の車両に8人が乗車していたことを確認すると、消防、警察それぞれが救助用ボートで出動。天竜川を現場まで進行し、要救助者に見立てたペットボトルを回収しては現場指揮本部に報告、搬送までの手順を確認したほか、残り2人は流されたと見て、範囲を広げて捜索に当たるなど有事の際の対応を体で覚えた。

 清水敏夫阿南消防署長は「夏本番で川遊びも盛んになり、事故の発生が予想される」とした上で、「実践に即した訓練で技術を上げ、警察との相互の連携強化を図りながら安全かつ迅速な対応を心がけたい」とし、神田庄市阿南署長も「機動隊が来るまでの第一次的な対応は我々警察と消防になる。情報を共有化して連携できるよう準備したい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞