阿智村で健康全員常会スタート

子育て・医療・福祉

[ 2012年 5月 3日 木曜日 9時58分 ]

 介護保険料の基準月額が県内で2番目に高くなった阿智村は、2012年度を「特定健診強化年」と位置付け、初の試みとなるローラー作戦「健康全員常会」をスタートさせた。保健師らが全60集落を訪問し「健診を必ず受け、介護保険が必要ない体をつくって」と呼び掛けている。

 2014年度までの65歳以上の介護保険料基準月額は、27%増の5425円。県内で最も高い松本市の5439円と大差がなく、近隣町村と比べて重症率が高い。

 一方、特定健診は前年度45%だった受診率を65%に引き上げる必要があり、達成できない場合はペナルティーとして国の補助金が減らされ、住民負担はさらに増すことになる。

 健康全員常会では、重症率の高さは生活習慣病にかかる人が多いことが原因で、健診はその予防につながることなどを説明。40歳以上ができるだけ介護保険を利用せず暮らすため、脳卒中や糖尿病に気をつけ、健康レベルを維持するよう訴えているほか、村の集団健診や病院での個別健診、人間ドックの受け方、村の補助額と個人負担額が分かるフローチャートも配っている。

 国保の特定健診対象者には郵送で通知文を送り、参加を求めていることもあり、これまでのところ参加率は高いという。

 1日に駒場の下町を対象に開いた常会には、23人が参加。保健師は「脳卒中は年を取って急になるのでなく、若い頃からの生活が積み重なった結果であり、その予兆を診るのが健診。村民みんなで健診を受け、介護保険が必要ない体をつくってほしい」と訴えた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24