阿智村に訪問看護ステーション開所

子育て・医療・福祉

[ 2015年 8月 6日 木曜日 8時24分 ]

 阿智村のNPO法人「在宅利用支援の会 道」による「あち訪問看護ステーション」がこのほど、国道153号駒場東交差点近くに開所した。下伊那西部地区で唯一の訪問看護ステーション。小児を含む訪問看護とともに、健康チェックなどでの介護予防、電話での相談業務などを幅広い活動で地域の保健、医療、福祉の向上に取り組んでいく。

 訪問看護ステーションは飯田下伊那に10カ所あるが、これまで西部地区にはなく、地域の病院による往診と飯田市内からの訪問看護で在宅医療が支えられてきた。

 医療制度改革で入院期間が短縮され在宅療養が増加傾向にある中「地域の人々が住み慣れた場所で安心して住み続けられるように」と、駒場の看護師、脇坂幸子さんが設立を模索。昨年9月に仲間とともに「訪問看護を考える会」を発足し、12月にはシンポジウムを開催、ことし5月に事業主体のNPO法人を設立した。

 脇坂さんら2人の常勤看護師をはじめ、非常勤の熟練の看護師や保健師計6人が在籍。主に西部3カ村をエリアに、24時間体制で対応する。医師の指示、ケアプランの作成を経て契約を結んだ人が訪問看護の対象だが、一般からの電話相談なども受け付ける。

 脇坂さんは2011年から、阿智開発公社の21世紀プロジェクト研究員として阿智村の保健、医療、福祉の状況を調査してきた。今後も各地区のふれあいサロンなどへ訪問しての健康講話や地域の診療所のサポートなどを続けていく。

 脇坂さんは「在宅での療養を重視する時代を迎えた。これまでは遠すぎるからと訪問看護を利用できない人も多かったはず。地域の健康のために貢献していきたい」と話していた。問い合わせは、同所(電話0265・49・0211)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01