飯伊介護事業協が総会  介護改定めぐり意見交換

子育て・医療・福祉

[ 2012年 5月 28日 月曜日 16時11分 ]

 飯伊介護事業協同組合(松村紘一理事長)は26日、飯田市上郷別府の南信州飯田産業センターで研修会と24年度総会を開催した。研修会では今年度改定の介護報酬や指定基準などについて県や市の担当者と懇談。改定についての質問や各事業所の現場で抱える悩みなどを伝えた。

 同協同組合は、制度改正などにより変化する介護福祉業界で、同業者のつながりを深めて連携して対応しようと市内の4事業所が発起人となり昨年11月に設立。発足当初12事業所だったが、現在は17事業所へと拡大。これまでに4回の合同研修を行っている。

 研修会には組合員企業の参加。県飯田保健福祉事務所福祉課と飯田市保健福祉部介護高齢課の担当者らを招き、事前に通告してあった質問について、回答と説明を受けた。

 質問は通所・訪問介護のサービス提供時間帯や緊急入所体制加算、介護職員処遇、介護報酬個人負担分の滞納、たんの吸引研修など14項目。

 このうち、ショートステイの緊急入所体制加算については、要介護者のみが対象で介護予防利用者にはないことから「認知症でも要介護に認定されず、家族の入院などで緊急入所の利用がある。同じサービスで差があるのはおかしい」と声があった。

 また、個人負担分の滞納の問題では、滞納が続いても事業所側から利用を断り難く、不払いのまま利用者が亡くなり葬式後は家に誰もおらず未収のまま不良債権になった例、ケアマネージャーが家族と話し合い、なんとか滞納分を支払ってもらった例などが挙げられた。

 飯田保健福祉事務所はケアマネージャーには金銭トラブルに関して一切の義務がないことや、正当な理由がある場合は利用を断ることができる旨を説明し「基本的には事業所と利用者の話し合いで解決を」と求めた。参加者からは「サービスが利用できなくなれば健康状態が悪くなる。ケアマネージャーにもある程度の責任はあるはず」「相談窓口を設けてもらえないか」との意見があった。

 このほか、たんの吸引の研修会が今年度県内4会場、各300人程度の規模で開催されることについて、さらに研修機会を増やすことや、特養入所待機者の不安感を和らげる施策などを要望した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34