飯田下伊那糖尿病療養指導士育成会が研修会

子育て・医療・福祉

[ 2010年 9月 17日 金曜日 10時33分 ]

 飯田下伊那糖尿病療養指導士育成会(会長・小林睦博飯田市立病院分泌内科部長)は12日、県内で2例目となる地域糖尿病療養指導士育成研修会を同病院で開講した。月1回、来年1月までの計5回開き、同3月の資格認定試験に備える。試験合格者は飯伊地域内での同指導士として認定され、糖尿病の予防活動などに携わる。

 世界中で患者数が激増する糖尿病。これまでは活動の中心が地域の医療スタッフで、活動の場は病院中心にならざるを得なかった現状を背景に、糖尿病に関心のある地域の医療従事者すべてを対象にした研鑚と育成の場をつくろうと同会を設立。早期発見と合併症の進行を食い止めるために地域全体を巻き込んだ予防活動を展開していく。

 研修会は糖尿病に関する規程の講習を受け、資格試験合格者は「飯田下伊那地域糖尿病療養指導士(LCDE)」として認定。県内では東北信地域に次ぐ2例目の取り組みになる。受験資格は「日本糖尿病療養指導士(CDE―J)」よりも厳格でない制度として、今講座には、その関心の高さから医師のほか診療所の看護師や行政の保健師、開営薬局の薬剤師など約100人が受講した。

 初日は糖尿病の現状・総論から療養指導士の役割などについて講義。小林会長は1999年から2002年までの3年間は年間10万人増だった糖尿病患者が06―07年の1年間では70万人増と急増している現状に触れ「病態と生活環境で個々により症状や進行度合が異なる病気。自分の判断によって治療方針を決めることが大事」と指導士に求められる資質と役割を説明した。

 今後は合併症や食事・薬物・運動療法、事例検討などの内容で講座を開き、来年3月に資格認定試験を実施する。小林会長は「相応の知識と技量を身に付け、全員合格を目指したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞