飯田市がコロナウイルス対策本部設置

子育て・医療・福祉

[ 2020年 2月 27日 木曜日 15時13分 ]

 県内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、飯田市は25日、対策本部を設置した。市長や部長級らでつくる対策会議では市民らに対し、イベントなどの開催を3月16日までの20日間、自粛するよう要請することを確認した。

 不特定多数が閉鎖空間に集まるイベントには大規模な感染リスクがあることを勘案した。

 この日の対策会議では現状について情報を共有し、活動目標や方針を確認。牧野光朗市長は市内での感染が間近に迫っているとの認識で「災害級の出来事」ととらえ、「市役所一丸となって危機的状況を乗り越える」と述べた。

 危機管理室によると、市内からの感染者の発生と感染拡大を防ぎ、医療体制の維持や状況変化を踏まえたリソース(資源)の確保を活動目標に掲げ、広報体制の充実・強化に努める方針だ。

 中止や延期を含め、20日の間の自粛について「現時点ではイベントや行事の開催を一律に自粛するよう要請するものではない」とし、判断基準を示している。

 20日間の自粛を要請しているほか、家庭内で食料品や日用品といった備蓄の点検を呼び掛けている。

 市職員に向けては、出勤前に検温し、37・5度以上の場合は出勤しないよう通知した。

 市内での発生や感染拡大に加え、休校休園に伴う子どもの受け入れ先、公共交通機関や物流の停止、経済への影響、市職員がり患した際の対応なども対策課題に挙げている。

◎写真説明:新型肺炎の対策会議

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞