飯田市が新生児に木製スプーン寄贈

子育て・医療・福祉

[ 2016年 12月 1日 木曜日 16時19分 ]

002木のスプーン

 飯田市は小さい頃から地域資源の木に親しんでもらおうと、新生児を対象に手作りの木製スプーンを贈る「はじめての木念品(きねんひん)」事業を11月から始めた。離乳食用としての使い始めを期待し、4カ月児健診時に贈る。30日は伊賀良公民館で贈呈があり、さっそく手にした乳児たちの笑顔が見られた。

 スプーンは飯田下伊那地域で間伐されたヤマザクラを使用し、地元の木工職人が1本1本を手作りで仕上げた。長さ14センチ、重さは7グラムと軽く、口に入れる部分は幅2・5センチ。柄の部分は握りやすいようふくらみをもたせた。

 今年の4月1日以降に生まれた市内在住の乳児が対象で、本年度用に約900本を製作した。費用の130万円余は全額を県の森林づくり県民税(森林税)でまかなった。市内3会場で行っている4カ月児健診時に贈り、今年の4~6月生まれの乳児には7カ月児相談の際にプレゼントする。

 市林務課は木育推進事業として次年度以降も継続する方針で「木の優しさ、温もりを感じてもらい、家庭や生活の中に多くの木製品を取り入れてもらうきっかけになればうれしい」としている。

 30日は伊賀良公民館で三穂、山本、伊賀良地区の4カ月児健診があり、佐藤健副市長が親子に手渡した。同市山本の女性は「木は口当たりがよさそう。離乳食を始める際に使いたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01