飯田市で認知症講演会~人形の寸劇などで啓発~

子育て・医療・福祉

[ 2013年 2月 25日 月曜日 15時21分 ]

 飯田市は22日、認知症講演会を高羽町の飯田人形劇場で開いた。約200人が参加。NPO法人峠茶屋運営者の江森けさ子さんと介護福祉士の今村俶子さんを講師に迎え、講演や人形による寸劇を通して、認知症に対する理解を深めた。

 認知症患者やその家族が地域の中で見守られながら「自分らしい暮らし」ができるまちづくりについて考えることをねらいに開催した。

 同NPOで「グループホームすみか」を運営する江森さんと、同ホームに勤める今村さんは、認知症や患者への接し方について理解を深めてもらおうと、2009年から人形劇による啓発活動を実施。この日は、同ホームで生活する利用者をモデルとした人形3体を用意し、認知症患者の気持ちや周囲への思いを人形に託して訴えた。

 「仕事に行く」と言って外に出て行ってしまう「じいちゃん」については、顔写真や特徴などを地域に知らせ、見掛けた場合には呼び止めてもらえるような環境づくりを行うよう呼び掛け。何度も同じことを繰り返してしまう「ばあちゃん」への対応方法なども紹介していた。

 江森さんは「徘徊というが、本人は家に帰りたいなど目的があって出て行く。でも自分のいる所や家の場所、道がわからなくなってしまう。その気持ちを周りが理解してあげたら、認知症の人は安心して地域で暮らせるようになるのでは。正しい知識を持っていることで、不安をやわらげることができる」としていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞