飯田市における医療通訳体制検討委員会

子育て・医療・福祉

[ 2015年 10月 9日 金曜日 9時20分 ]

 外国籍患者が安心して医療を受けられるよう、医療通訳体制と医療通訳者の養成方法のあり方について、県が医療通訳先進地域の飯田市で関係機関と協働で検討する「飯田市における医療通訳体制検討委員会」(委員長・山本晋司県民文化部国際課長、委員6人)の第2回会合が7日夜、飯田市錦町のホテルニューシルクであった。

 初会合(8月26日)で出た意見を踏まえ、飯田下伊那の全110の医療機関を対象に県が実施した医療通訳に関するアンケート調査結果の説明を受け、飯伊地域で望まれる医療通訳体制のあり方について意見交換した。

 調査結果によると、回答のあった医療機関90カ所(回答率81・8%)のうち、ことしに入り外国籍患者を診察したことがある医療機関は57カ所(63・3%)。患者の国籍は中国1370人(69・1%)ブラジル218人(11・0%)フィリピン190人(9・6%)が多く、この3カ国だけで約9割に上った。

 72カ所の医療機関が「外国籍患者とのコミュニケーションで苦労した経験がある」「今後、飯伊地域で高齢化に伴う外国籍患者の増加が見込まれそう」などの理由から医療通訳が必要と回答。医療通訳に求められるスキルは「医師などが分かりやすくした言葉を正確に伝えることができる」が半数近くと最も多かった。

 医療通訳について検討してほしい課題についても自由に記入してもらったところ、医療通訳体制についての記入が最も多かった。医療通訳人材、医療通訳費用の負担、医療通訳の周知についての記入もあった。

 この調査結果に基づき、飯伊地域で望まれる医療通訳体制のあり方について意見交換した。医療通訳の分類については、飯田市立病院のように医療通訳(中国語)を独自で雇用する方法、医療通訳者を派遣する方法、遠隔医療通訳サービスを利用する方法の3つの類型があるが、この日の検討会で2番目の派遣型の医療通訳体制のモデル構築を目指すことで一致した。

 また、英語、中国語(標準語)、ポルトガル語の3大言語の医療通訳者の養成が先ず必要との認識でも一致。「できるだけ多くの人に参加してもらえるよう、基礎講座から始め、徐々にレベルアップしていく」「医療知識よりも守秘義務を守れる真面目さがあればいい。あとは本人のスキルアップにまかせたい」「コーディネーターは地元の人でないと難しい。飯田下伊那地域が対象になる」などの意見でまとまった。

 次回(11月5日)は、事務局(県国際課)が委員の意見を聞いて具体的な計画を提案し、決定する予定。山本委員長は「3大言語の医療通訳者養成が必要。派遣型システムのモデルを飯田下伊那で構築するため、計画を決めて行動に踏み出したい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01