飯田市内でも1人が死亡 インフルエンザ集団感染で

子育て・医療・福祉

[ 2019年 1月 29日 火曜日 15時32分 ]

 インフルエンザが猛威を振るっている。県によると、28日までに県内の医療機関と社会福祉施設計38カ所で集団感染が発生し、飯田市内の社会福祉施設の利用者1人を含む6人の死亡が確認された。

 医療機関は7カ所で、感染者は238人。うち患者は155人、職員は83人。死亡者は3人。

 社会福祉施設は31カ所で感染者は369人となっている。

 飯田下伊那管内の社会福祉施設では昨年12月25日以降、13施設で集団感染が発生している。

 内訳は特別養護老人ホームが1カ所、保育所が12カ所で、特養では利用者8人と職員4人の計12人が感染。保育所では園児71人と職員23人の計294人が感染した。

 このうち、飯田市龍江の特別養護老人ホーム「ゆい」では、利用者8人と職員4人が感染し、利用者の80代男性1人が呼吸不全で17日に死亡した。現在も2人が入院している。

 施設によると、亡くなった男性は16日に体調不良を訴え、翌日も発熱が続いたため、17日午前に医療機関を再度受診し、インフルエンザと診断された。その後、嘔吐(おうと)や下痢の症状があり、同日夜に呼吸がしにくくなり救急搬送され、午後10時過ぎに亡くなった。

 施設長は「入所者全員と職員全員が予防接種を受けており、手洗いや加湿、面会の謝絶、感染者の隔離など考えうる限りの対策は徹底していた。男性が亡くなられたことはとても残念に思う」と話した。

 県飯田保健福祉事務所によると、管内の小中学校と高校では28日現在79人が感染し、学年閉鎖は小学校1校、学級閉鎖は小学校5校と中学1校となっている。

 医療機関と社会福祉施設は、10人以上の感染や死者が出た場合、保健所に報告する決まりがある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞