飯田市立病院が看護の日に催し

子育て・医療・福祉

[ 2011年 5月 13日 金曜日 9時16分 ]

 飯田市八幡町の市立病院は12日、「看護の日」に関連した催しを行った。同病院から派遣された東日本大震災医療班の活動を報告するパネル展示や、防災啓発のチラシ配布などが行われた。

 看護の日は、高齢化社会を支えていくために看護の心やケアの心、助け合いの心を分かち合うきっかけになるように―と、ナイチンゲールの誕生日にあたる5月12日に制定。ことしで21回目を迎えた。

 今回は「看護の日」のPRや入院患者へのメッセージカード配布のほか、3月から4月にかけて、岩手・宮城の被災地でボランティアを行った医療班の支援活動や現地の状況を伝えるパネル展示を実施。患者搬送や避難所の巡回診療、医療物資支援などの様子を捉えた写真を掲載したり、参加した職員が現地で感じたことについてコメントを寄せている。

 病気やけがを抱えているにも関わらず「遠くから来てくれてありがとう」と被災者から言葉をかけられ、かえって元気をもらった―と話す医療班員も。うがい用の水も惜しまなければならない被災地の現実に衝撃を感じることもあったという。

 医療班の活動や体験をもとに、「防災ミニ知識」のチラシを作成。津波によって薬が流されて困ったという被災者の話から、避難先で薬の名前と量を伝えられるよう、処方薬の説明書やお薬手帳のコピーを非常持ち出し品に加えることを促したり、新聞紙や食品用ラップでの防寒対策などを紹介している。

 同病院では「同僚が支援に行き、その話を聞くことでスタッフの意識が高まった。万が一の時にどういう行動をとればいいか考える機会になった」とし、「みなさんの防災意識を高めることができれば」としていた。

 同病院は今月末、第4次医療救護班を被災地に派遣する予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞