飯田市立病院が看護の日イベント

子育て・医療・福祉

[ 2013年 5月 16日 木曜日 9時45分 ]

 飯田市八幡町の市立病院は13日、「看護の日」にあわせ玄関ホールなどを使って催しを開いた。4月に稼働の新しい救急救命センターに関する説明をはじめ、昨年人気だった「脳トレ」ゲームなどを通じ、外来患者に看護の日や同病院の取り組みをPRした。

 看護の日は、高齢化社会を支えていくために看護の心やケアの心、助け合いの心を分かち合うきっかけになるように―と、ナイチンゲールの誕生日にあたる5月12日に制定。同院でも看護部主任看護師会が企画運営を行い、毎年イベントを開いている。

 ことしは、新たにスタートした救急救命センターのかかり方の説明を分かりやすい図を取り入れて紹介。電話相談のポイントや来院時必要なもの、受診ルート、救急医療体制などについて説明した。また決められた時間内にはしを使って大豆を別の器に移す脳トレも好評で、参加者らは自分の移した大豆の数を他の同年代の人の数と比較した。

 同部では「看護の日のPRとともに、救急救命センター、夜間診療の機能やかかり方を知ってもらうことで、目的に合った活用、よりスムーズな診察ができれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13

飯田の街にも春到来

3月23日月曜日15:17

“つなぎ舟”の進水式

3月21日土曜日14:10

人面把手付土器が出土

3月21日土曜日14:34

“15の春”に喜びあふれ

3月19日木曜日15:20








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞